密かに話題の「レンタル人妻」とは?

■人妻版レンタル彼女でバイトをするなら『恋妻吐息』コラム ・関東地方でじわじわと人気の“レンタル人妻サービス”への潜入リポート!人妻人気は想像以上! (リポート/ライター・我妻洋子) 体験者から様々な話を聞くことはできる… しかし、いざその秘密のバイトをはじめようとしてもなかなか踏ん切りがつかないもの。 そんなことはよくあること。 そこで、あなたのかわりに潜入取材をするというのが私たちライターの仕事なのよね。 今回体を張って潜入取材を敢行したのは、 最近人気急上昇中で登録者数がうなぎ上りというレンタル人妻『恋妻吐息』なるところ。 う~ん、聞いているだけで裏社会系の臭いがプンプンするじゃないの! 数々のこういった「人妻バイト」を気軽に楽しめる場所というのはハズレや当たりの差がかなり多いんだけれども、 まぁなかなかの収穫があったことをこれを読んでいるあなたに報告しちゃうわね♪ ちなみに「ハズレ」と呼ばれる人妻バイトのポイントをいくつかご紹介するけど、(※やっぱりダメなところのことを知っておかないと判断がつかないものだから、この点はちゃんと押さえておくわね!)あなたがもしそんな人妻バイトにいま登録しようとしているとしたら即退会することね! ◆ダメな人妻バイトの判断ポイント 1.面談するまでの時間がかかりすぎる 2.写真撮影がプリクラのようなものでOK 3.もしくは事務所でその面接担当者が撮影 4.とにかくスタッフが勝手をわかっていない(連絡ミスが頻発、名前すら間違える等) 5.当日にいきなりセッティングしてこようとする(こちとら準備もあるわい!) 6.会ってすぐにホテルに行こうとする男性会員が当たり前! あなた、稼げるといううたい文句につられて、こんな人妻バイトにぶら下がっていない? こんなところは即退会よ、退会! <そこは人妻のパラダイスだった> さてさて、話は変わって、“当たり”との声が多く聞かれるレンタル人妻『恋妻吐息』なんだけど、 無料エントリーに自分のプロフィールを書き込むと、すぐに女性スタッフから電話が…。 そこで、翌日に本社で面談する運びになったのよね。 そこはライター歴14年の私だから、 「ちょっとしたことでだまされるもんですかい!」という、 一人息子の初めての彼女を紹介してもらうときのような若干厳しめ目線 (どこか粗探しをしてやろうというイヤなババアの感じ)で面談に臨むことになったんだけど、5分前に到着したオフィスはとてもシンプルで綺麗!清潔感があって安心できるじゃないの! 今回の担当者は小石川省吾という29歳の独身男(ヨダレがジュルッ!)さんという 綾野剛似のイケメンがお話を聞かせてくれました。 私「ああ、よろしくお願いします」 小石川さん(以下、小)「いえいえ、こちらこそよろしくお願いいたします。」 私「(いきなりズバリ)え~私はちゃんと登録できますか?(笑)」 小「ええ、実のところ、お約束のお時間にしっかり来ていただけるかも本登録できるかどうかの基準になっているんですよ」 ああ、そうなんだ、よかった…。 なんでも、最低限のマナーを守れる女性じゃないと男性会員にも迷惑がかかるらしく、 それを見極めるのが面談の時間をちゃんと守れるかどうかにかかっているらしい。 リトマス試験紙…私、アルカリ性!! それからドリンクを飲みながらの彼からの説明はこうだ。 男性会員としっかりとしたレンタル人妻的疑似交際ができるような女性会員のみが 登録エントリーから本登録へと進め、サイトのプロフに載せるプロフィール写真の撮影や自分の言葉でのプロフィール記入をまずしてもらう。 男性会員は基本料をなどをしっかりと支払える方ばかりで、 彼らは会員専用ページから女性を閲覧。 女性の自宅近くや近隣の男性会員はその女性のプロフィールを閲覧することはできない。 ※日常生活で鉢合わせになったりしないようにするための配慮  男性会員へのアプローチもでき、男性会員からのデートオファーがあった場合は、 本部がデートのセッティングをお手伝いし、お互いに待ち合わせ場所などを専用メールでやりとり。 当日、しっかり会えたことを確認、デートの途中確認、終了確認など安全にデートできるよう常にスタッフが気にかけ、万が一何かあったときはすぐに駆けつけてくれます。 う~ん、なるほど…女の子の安全第一でデートできるようになっているのね。 しかし、デートでちょっとした密室で2人っきりになったりと いきなりは少し怖いとは思うのだが…。 小「それに関しては問題ありません。当クラブでは、以下のデートは禁止となっています」 ・自宅デート ・ドライブデート ・レンタルルームでのデート ・ホテルでのデート ・ネットカフェでのデート ・ハプニングバーでのデート など まず出会うときには、公共の場所(ホテルのロビーや静かな高級カフェなど)を選んでもらうそうだ。 私「あのう、どういった職業の男性が登録されているんでしょうか?」 小「会社の経営者、役員様、不動産業、医師、弁護士、会計士、IT関連のお仕事をされている方が多いです」 ほほう、なるほど…遊ぶ金には困っていないメンツが揃っているようだね、ホントに…。 気になる彼らの人妻への価値についてはどのようなものなのか、聞いてみた。 小「今は、仕事の戦場で戦っている男性方の休息場として、人妻の方とのコミュニケーションが大変人気です。若い女の子…そんな時代は終わり、20代半ば~30代の人妻女子に男性の人気が集中しています」 もちろん、女性が安心できるポイントはいくつもある。 ・写真や動画撮影は原則的に禁止 ・『恋妻吐息』のデート内容や相手の名前などをブログやfacebookなど、ソーシャルメディアにアップする行為は一切禁止 ・女性に対する高圧的で威圧的な行為や行動は会員抹消 などなど揃っている。 人妻版レンタル彼女とでもいうべき『恋妻吐息』には バイト感覚で高収入を稼ぐ女性も多いとのことで このレンタル人妻のバイトは文句なしに「当たり」である!!

SNSでもご購読できます。